2012年11月27日

アンチエイジングのための女性ホルモン講座 By 全ブログ担当者 (ブログ引っ越しの際に失われた記事の復活)

女性の体も、心も、お肌も、すべて女性ホルモンによってコントロールされています

女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステン(黄体ホルモン)という2つのホルモンのことをいいます。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性らしさのホルモン。思春期から分泌量が多くなります
女性らしいからだつきを作り、子宮に作用して、妊娠に備え子宮の内膜を厚くしたり、受精卵の着床を助けたりします。卵を作るホルモンでもあります。
また自律神経、感情の働き、骨、皮膚、粘膜、関節、筋肉、胃腸、脳の働きにも、エストロゲンが大きくかかわってきます

女性ホルモンと記憶力

女性ホルモンであるエストロゲンの脳機能に対する作用が明らかにされつつあり老人性痴呆症、とくにアルツハイマー型痴呆症と更年期障害との関係が注目されています。
一般に女性ホルモンは脳神経細胞の増殖や脳の血流を増加させると言われており、最近、痴呆に発展するアルツハイマー病と女性ホルモンの関係が注目されています。
アルツハイマー病では血液中にアミロイドP成分が増え、脳の血管にアミロイド蛋白が沈着します。ホルモンバランスを正常に保つことにより、血液中のアミロイドP成分が減少しアルツハイマー病にかかるのを抑え、アルツハイマー病にかからないように維持されているのがわかります。つまりホルモン補充療法は痴呆の予防にもなっています 。

お肌や皮膚症状にも女性ホルモンが影響!

最近皮膚の老化に女性ホルモンが関係していることが明らかになってきました
若々しい皮膚を保つためには、皮膚の弾力を持たせるコラーゲンと肌のみずみずしさを保つヒアルロン酸が必要です。女性ホルモンはこのコラーゲンとヒアルロン酸を増やし、肌に潤いを与えます

女性ホルモンと動脈硬化・脳血管障害

人間が常に健康であるためには血液の流れがよく、全ての臓器が若々しくあり続けることが必要です。
しかし年齢とともに血管は老化し、動脈硬化をおこし、血液の流れが悪くなり、臓器に栄養がいかなくなります。
閉経以降の女性の死亡原因は第1位が虚血心疾患、第2位が脳血管疾患と半数近くの方が血管の老化、動脈硬化に基づく病気で亡くなられています
男性に比べ女性では45才ごろまでは圧倒的に発生率が低いのですが、閉経すると心筋梗塞の発生率が急に上昇してきます。これは閉経すると女性ホルモンがなくなるため高コレステロール血症になり動脈硬化が増え心筋梗塞になる率が高まるためです。
従ってホルモン補充療法をするとグラフのように心筋梗塞になる危険率は3分の1に抑えられます
また心筋梗塞だけではなく、動脈硬化に基づく物忘れ、記憶力の減退、ぼけなどの脳症状も予防できます

女性ホルモンと骨粗鬆症

50歳代の女性の骨粗鬆症の派生頻度が、男性の70歳代の頻度とほぼ同じと言われています
つまり閉経により女性ホルモンがなくなると骨密度が急激に低下し、男性よりはやく骨粗鬆症になると考えられます。食事中のカルシウムが腸から吸収され血液中にはいり骨まで運ばれ骨基質につき骨が丈夫に保たれているのが、この骨基質のもとであるコラーゲンを作っている女性ホルモンがなくなることで骨基質が作られなくなりカルシウムが付着できず、骨は弱くなります
従ってホルモン補充療法をすることで骨は丈夫に維持できるようになりまた女性ホルモンだけではなくビタミンD(活性型)をとることでカルシウムの腸からの吸収が増し、カルシウムの骨への付着も増加しますし、ビタミンKをとることでカルシウムの骨への取り込みがよりいっそう盛んになります。

その他女性ホルモン低下による不安・・

女性ホルモンの低下で、膣炎・膀胱炎の心配も。女性ホルモンがなくなると膣壁の潤いはなくなり、病的な菌が生えやすくなり老人性膣炎を起こし、不正出血やおりものも増え臭いも気になるようになります。
膣壁の乾燥により性交痛を訴える方もいらっしゃいます。また膀胱粘膜も萎縮し膀胱炎にもなりやすくなり、尿道括約筋の力も弱くなり、尿失禁もおこしやすくなります 。女性本来の持つべき最適なホルモンバランスを保つことが大変重要です。ホルモンの過不足が原因の症状は、意外と多いものです。エストロゲンの分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。

オーガニックコスモのお勧め商品

マナ  BGAプエラリア

posted by ナチュラルコスモスタッフ at 17:21| Comment(0) | 過去ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。