2015年01月13日

シリコンって一体何?

ずばり、シリコンとは髪の表面をコーティングする物です。


主にシャンプー中のキシミ取りと髪のツヤ出しに使われます。


そして、必ずしも悪者っていうものではありません!

その威力はすごく、一瞬で髪の毛をさらっさらにしてくれるんです。


最初のノンシリコンシャンプーを開発中のときに、アヤメさんが、薬局かどこかから洗い流さないトリートメント貰ったーって言って試してましたが、そのサラッさら感に感動してはりました。


まだ化粧品についての知識が無い時期だったので、ナチュラルコスモの化粧品開発者である社長に成分を聞いてみると、なんとシリコンが大量に入っていることが発覚。シリコンって、実は成分を見てもシリコンという名前では書かれていないんです。

よく使用されるものでは、ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランなどがありますが、もっとたくさん名前があります。


ノンシリコンシャンプーを作ろうとしているときになんてことだー!ってことでしたが、シリコンの威力が痛い程によくわかったのも事実です。



あれだけの威力があるので、シリコンは傷んだ髪も驚くぐらいにサラサラツヤツヤにしてくれるので、使い方によっては、とても役に立つ物です。


ですが、シリコンにも色々なシリコンがあって、頭皮や髪に残りやすいシリコンを頻繁に使ってしまうと、何かしらのトラブルの原因になってしまうのではないかとナチュラルコスモは考えています。本当は、髪の毛の表面を滑らかに補修してあげるべきところを、シリコンで覆ってしまうと、髪が水分に触れられず、より傷みがすすんでしまうのではないかと。(開発者が様々な成分で色々なシャンプーを試作し、自身でたどり着いた意見です)。


そもそも、ノンシリコンシャンプーを開発することになったきっかけが、開発者の奥さんの頭皮(あやめさんのことです。追記:T)が、突然グニャグニャになって髪の毛が抜け出してしまったので、色々とシャンプーを替えてみて、ノンシリコン系だとすこしましになったので、それじゃあノンシリコンシャンプーを作ってあげようと、開発者(社長のことです。追記:T)が始めたんです。それまでは健康食品がメインの会社でした。


ノンシリコンにして、なおかつ植物系のアミノ酸系洗浄成分を使用し、石油由来成分を排除した試作シャンプーを作って二回程使用するだけで、奥さんの頭皮の痒みがかなりなくなったので、それじゃあこれにしっとりしたり艶を出すハーブを見つけてきてたしていこうと開発して行きました。でも、どうしても入れたかった成分が、ブルーグリーンアルジーと呼ばれる、アメリカ合衆国オレゴン州のシャスタ山と呼ばれるパワースポットの麓クラマス湖でしか毒素の無いものがとれない、ちょっと変わった微生物。


健康食品として扱ってきていたもので、世界を見てもまだあまり化粧品で使用されていない成分なんです。シャンプーで使用しているのは、日本ではナチュラルコスモだけ。


この成分が頭皮にいいはず!という信念のもと付け加えると、なんだか根元がすごーくふんわりしたんですね。

それで、入れられるだけ入れちゃいました。だからナチュラルコスモのノンシリコントリートメントシャンプーは、どれもとても根元がふんわりするんです。


ただ、問題は髪の毛をきれいに見せてくれていたシリコンを取り除いてしまうので、代わりに何を使用するかです。

代わりの物が入っていないと、泡立ち成分で髪の毛を洗って、あとはそのままになってしまし、乾燥したりしてしまうのです。

ノンシリコンシャンプーで失敗したーという方の場合、これが原因になっている場合があるのです。


ナチュラルコスモは、シリコンの代わりに最高27個の天然トリートメントハーブを入れることにより、髪のツヤを実現しています。さらに、ぬめりのあるハーブエキスも使用しているので、ノンシリコンのわりにはキシミはかなり少ない方です。ですが、本当にいたんでしまっている髪の場合は、少しキシミを感じてしまうんですね。3週間も使用して頂いていると、髪の表面が滑らかに補修されてくるので、どんどんキシミがやわらいできます。



posted by ナチュラルコスモスタッフ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | よくあるご質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック